『F』HOUSE DIARY

底冷えの激しい築50年のお家から小林住宅でW断熱のお家を建て替える5人家族のブログです。

換気システムを【澄家DC-S】に交換しました

▽応援いただけると励みになります▽

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

『F』HOUSE DIARYを
ご覧いただきありがとうございます!!
みゆぼんです☆

 

昨日、我が家の換気システム【澄家Eco-S】を【澄家DC-S】に交換して頂きました。

f:id:miyubon:20171012172039j:image

それに伴い、澄家のコントロールパネルも新しいものと交換になりました。

↓ 【澄家Eco-S】のコントロールパネル

f:id:miyubon:20171012171340j:image

↓ 【澄家DC-S】のコントロールパネル

f:id:miyubon:20171012171540j:image

換気の交換は通常30分位で終わるようですが…我が家は約2時間かかりました。その原因はこのあとで説明します。

 交換になった理由

そもそも、なぜ6ヶ月で交換?って思いますよね…。どうも我が家は、3階の換気が上手く出来ていないような感じで、入居後すぐに、少しですが…結露に気付き、様子を見て今回の換気システムの交換となりました。窓が引き違い窓というのも関係しているのかも…。

【澄家DC-S】は【澄家Eco-S】と
何が違うの?

DCモーターになり、床下に流れる風量の調節が【澄家Eco-S】では、弱・中・強の3段階でしたが、【澄家DC-S】では、1〜6の6段階調節が可能になりました。それにより換気が以前のものよりパワーアップしたようです。電気代は【澄家Eco-S】の半額位になるようです。昨日、交換したばかりなので本当の所はどうなのか?このブログで後日、記事にしたいと思います。

交換に約2時間かかった理由

澄家本体は床下設置です。我が家は1階寝室の床下に設置しています。我が家は澄家の点検口が小さく、【澄家Eco-S】を取り出すことが出来ず、細かく分解し取り出せました。【澄家DC-S】は【澄家Eco-S】より一回り小さくなったようですが、それでも我が家の点検口からは一発で入れることは出来ず部品を一度分解し、組み立てという順序を踏んでの設置になりました。交換にならなければ、きっと知らずに使っていて、メンテナンス時に大変なことになっていたと思います。

これから澄家を導入される方へ

小林住宅さんではこの換気システムを導入されて間もないので、これから澄家を導入される方はこういった点も設計の方に確認しながら進めていった方が良いのかもしれませんね。我が家はこの換気を入れるのにダクトを部屋の中に通すのですが、図面変更し、一部天井を下げた箇所もあります。文句ではなく、これから建てられる方のお役に立てればと思います。

f:id:miyubon:20171012175217j:image