『F』HOUSE DIARY

底冷えの激しい築50年2階建てのお家から2017年4月小林住宅で3階建てW断熱のお家に建て替えました!5人家族のブログです。

3階建て住宅のバルコニーの必要性

▽応援いただけると励みになります▽

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

『F』HOUSE DIARYを

ご覧いただきありがとうございます!!

みゆぼんです☆

f:id:miyubon:20180328174616j:plain

外気温も20℃を超え、すっかり春。

春休みに入り、娘のお弁当が不要でしたが、

今日は全日部活のため、お弁当が必要とのこと。

朝から4人分のお弁当を作りました〜( ̄▽ ̄)

お弁当だけでご飯3合

この先が思いやられます。。。(泣)

市町村により違う行政サービス

我が家が住む市は中学給食がなく、

お弁当事業なるものが存在します。

あと数年で給食になるそうですが…。

一方でお隣の市の中学では完全給食。

医療費助成などもかなり違います。

しかし、土地価格は跳ね上がります(^^;;

これから土地購入の方は

そう言うことも検討しながら

後悔のない土地選びをして下さいね。

【生活ガイド.com】というサイトでは

行政サービスなどが比較が出来るページもあり便利です。

詳しいことは直接、市区町村に確認したほうが良いと思います。

外弁日和♫(お外で食べるお弁当)

春休みに入り息子たちは、

3階の小さめルーフテラスがお気に入りの場所!

東南に位置する我が家の3階ルーフテラスは

朝から午後2時位まではとても日当たりが良くなり

ここ数日はお天気も良いので

レジャーシートとテーブルを出し

日向ぼっこしながら2人で遊んでます♫

以前に記事にしたユスリカはいなくなりました。

日光で地面が暖かくなりレジャーシートの上は

床暖房みたいで心地よいです。ecoでしょ(笑)

今日はその小さめルーフテラスでお弁当を食べました(*´∀`*)

f:id:miyubon:20180328132522j:plain

野菜食べれてるじゃないか〜!!!

外弁効果は抜群です( ̄▽ ̄)

3階建て住宅のバルコニーの必要性

27坪と言う限られた広さの土地では、

駐車場や駐輪場を作れば地上に庭を作ることは困難です。

室外機やエコキュートを置くと

大人1人が通るのもギリギリの通路です。

ダイエット必須(^^;;

ましてや、幹線道路沿いに建つ我が家は

地上に庭を作ったところで、

プラベートな空間など確保できるはずもなく

2階は小さめインナーバルコニー

3階は小さめルーフテラスと言う間取りです。

小さめですが、奥行きはある形状。

********************* 

3階建て住宅においてバルコニーやテラスは

洗濯物やお布団を干すという目的以外に

室外機を設置する場所を確保するという

意味合いも強いのではないかと思います。

全館空調ならあまりそういうことは考えなくて良いのかな?

エアコンの配管が長くなると効率が悪くなるようですし、

後付けでエアコンを設置する場合

室外機を置くスペースがないと

1Fまで配管を伸ばし室外機を

設置する必要があります。

足場がないと高所のため配管が設置出来ないこともあり、

取り付け費用が高くかかります。

我が家も東側以外にはバルコニーがありませんので、

東側以外の3階のエアコンの配管は

足場が設置されている建設中に

配管を設置していただき、1階まで下ろしています。

休日の楽しみをプラスする事が出来る

バルコニーやテラスを作ると、

メンテナンス費用を考える必要もありますが、

我が家的にはバルコニーやテラスの満足度は高く、

庭はありませんが、その空間で

家族との時間を楽しみたいと思います!