『F』HOUSE DIARY

底冷えの激しい築50年のお家から小林住宅でW断熱のお家を建て替える5人家族のブログです。

5人家族のお引越し【旧家→仮住まい編】

▽応援いただけると励みになります▽

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

『F』HOUSE DIARYを
ご覧いただきありがとうございます!!
みゆぼんです☆

 

前回、冷蔵庫搬入時のクレーントラブルを記事にしました。

*冷蔵庫搬入時のクレーントラブルのその後の対応*

修復工事の申請手続きを済ましました。という連絡がクレーン会社からはありましたが、一度無くした信用はそんなに簡単に取り戻せるものではありません。どのような経緯で今回のようなことになったのかを説明すると約束していたのに、その連絡からかれこれ6日たった現在も連絡は一向にありません。そんな会社なので紹介していただいた引越会社にクレーン会社の対応をお願いしましたが…引越会社からの連絡も一向にありません。もし、引越しをする機会があれば絶対にその引越会社に依頼はしないと思います。

 *******

f:id:miyubon:20171006114943p:plain



*気分の良くない内容から始まりましたが…*

さて本日は、我が家の引越費用や引越しの様子を【旧家→仮住まい編】【仮住まい→新居編】の2回に分けてブログにしたいと思います。建て替えなので2回の引越しになります。あまり思い出したくないですが…これから建て替えされる方の参考になればと思います。体力には自信のある私ですが…クタクタになりました(^^;) もう2度と建て替えはしたくないと思いました。金銭的に無理だけどね( ̄∇ ̄)

いよいよ建て替えスタート!!
【旧家→仮住まい】の引越しの時

引越日は10月末の平日。大人2人、子供3人の5人家族。旧家は2階一戸建て。仮住まい先は3LDKのUR集合住宅の1階。旧家から仮住まいまでは車で5分位の近距離です。荷物はそんなに多い方ではないけれど、人数が多いのでそれなりの量です。荷物はトランクルームなどを借りるのではなく、仮住まい先の1部屋を荷物置き場にしました。この方法にするメリットはどの段ボールに何が入っているのかさえ分かっていれば、すぐにいるものを取り出せる環境にあることです。子供がいる私たちは結果それで良かったと思っています。

引越日の作業内容

8:40 作業開始

作業員は3人で2tトラック?(小さいトラック)ピストン輸送で4往復。家のものを全て運んでいただき、荷造りは自分でするコースです。エアコンを3台取外し、新居完成時まで倉庫に保管していただきました。ウォシュレットも取外し、仮住まい先に取り付けていただく予定(だんなさんの希望)でしたが、部品が摩耗していて、仮住まい先に取り付けることは出来ませんでした。取り外し代金のみ支払いました。

16:15 作業終了

*******

引越し日の当日は、色々なことがあって私1人の立会いで引越しになりました。ピストン輸送なので旧家と仮住まいどちらにも数回の立会いが必要で、私1人では結構体力を消耗するものでした。旧家に1人、仮住まいに1人の2人だったらもう少し楽だったかも…。小さいトラックでピストン輸送と知ったのは当日でした。なので、近距離でお引越しされる方は事前に引越し会社に確認されていた方が良いかと思います。

クタクタになった
【旧家→仮住まい】のお引越費用

お見積もり時の金額は ¥141,480ー

実際のお支払い金額は ¥103,680ー

*******

お見積もりは3社取りましたが、そんなに差はなく、14年前に旧家に引越して来た時も今回依頼した引越会社を利用しました。そのご縁で今回も依頼したのですが…【仮住まい→新居】の引越し時にあんなトラブルになるとはこの時には想像すらしていませんでした。

 

次回は【仮住まい→新居編】を記事にします!