『F』HOUSE DIARY

底冷えの激しい築50年のお家から小林住宅でW断熱のお家を建て替える5人家族のブログです。

お引越し時のクレーン搬入には気をつけて!

▽応援いただけると励みになります▽

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

『F』HOUSE DIARYを

ご覧いただきありがとうございます!!

みゆぼんです☆

 

以前、このブログで

少しだけ触れたことがあった

引越時の家電の搬入のことをブログにします

f:id:miyubon:20170929234438p:plain

 

我が家は2階リビングで

洗濯機、冷蔵庫は2階にあります

洗濯機は引越時に

コンパクトなタイプのものに

買い換えたので玄関から搬入できたのですが

冷蔵庫は購入から4年しか経っていないので

買い換えなかったのですが

この冷蔵庫が大型で玄関から搬入出来ず

クレーン吊り上げで搬入になりました

 

クレーンで吊り上げてもらった時に

業者のミスで自宅前の歩道が

凹んでしまったのです

我が家が◯◯万円をかけて

切り下げ工事をしたところです

 引越し当日にこの事件です

かなりショックでしたし

その後の対応も納得が出来るものでは

ありませんでした

 

まず、業者のミスですが

なぜそうなったのかというと

クレーン車にはタイヤとは別に

足のようなもの(アウトリガ)で

クレーン車を支えるのですが

その足に敷板というものをひくようなのです

 

それをひいていなくて

冷蔵庫を吊るし上げている時に

歩道に足(アウトリガ)がめり込んでいたのです

それを見ていた外構工事の方が

危ないと作業を止めてくれたので

歩道はめり込んだけれど

大惨事にはならなかったのです

もしそのまま吊り上げていたら

クレーン車が倒れていたかもしれないのです

 

そんなことをしているのに

クレーン会社からの謝罪はなく

引越会社も外注に出しているのでと逃げ腰なのです

到底そんな対応は許せるものではなく

修復するよう話を進めていました

 

が、今日までに工事が始まる

気配は一向にありませんでした

 

2ヶ月前にクレーン会社に

工事時期の確認のため連絡をした時には

工事業者が忙しく工事が遅くなるという話でした

 

そこから2ヶ月、一向に連絡はなく

私は歩道を管理している

県の土木事務所に連絡をしたのです

すると、工事の申請書すら

提出していないことが判明したのです

工事業者が忙しく…というのは全くの嘘なのです

そんな会社だから

あんな雑な作業を…と思ってしまいます

 

クレーン会社に申請書の件を確認すると

申請の仕方がわからない

工事業者を知らないなどなど

言い訳ばかりです

 

このブログに文句のようなことを

書いたりするのはしないでおこうと

思っていたのですが…

さすがにこの件は許せませんでした

嫌な気分になられた方はごめんなさい

 

もしこれからお引越しで

クレーンでの搬入になりそうな方は

搬入時も気をつけて見ててくださいね

危ないと作業を止めてくれた外構業者さんのお話では

お引越し時のクレーン車の事故は結構あるそうです

お家にぶつけたりなんてことも…